頭頂部が薄くなる原因

若い人で薄毛に悩む人がいる一方で多いのがいわゆるアラフォー以降の人の薄毛です。
頭頂部の薄毛には原因がありますから、それを突き止めて薄毛対策をしましょう。
突き詰めると頭頂部の薄毛の原因は、女性ホルモンの減少と頭皮への血流の不足、
さらには髪の毛が必要とする栄養素が不足するからです。
したがって、この3点を改善するのが薄毛対策になります。

 

 

女性ホルモンのエストロゲンを補充する

女性ホルモンは若いうちは充足していますが、加齢とともに減少します。
これは致し方がないことですが、今では女性ホルモンの減少を補う方法があります。
それは女性エストロゲンというホルモン成分をバランスの取れた食事やサプリで補うことです。
つまり体内で生産できないホルモンを外から補うのです。

 

頭皮の血流が悪いと薄毛になる

また女性ホルモンが足りていても頭頂部の薄毛が起きる原因は頭皮の血行不良です。
つまり髪の毛がある頭皮への血流がスムーズに行わないと、
髪の毛に栄養素が行き届かなくなるのです。
そうなると栄養素が足りないため毛母細胞がダウンしてしまい、抜け毛による薄毛になります。

 

ストレスを溜めると血の巡りが悪くなる

ストレスは心の問題だけではなく、身体と血流にも影響を及ぼします。
すなわちストレスが溜まると血流までが悪くなるのです。
その結果頭頂部の頭皮への血行が悪くなり、髪の毛と毛母細胞に必要な栄養が
十分に補給されなくなり、抜け毛や薄毛が進行します。

 

頭皮にはある程度の皮脂分が必要

頭頂部を含む頭皮には皮脂があり、これは必要なのです。
ところがシャンプーをし過ぎると必要な皮脂という脂成分までが流されてしまい、
それが頭皮の乾燥を招き、さらに抜け毛と薄毛になります。ピーチローズ

 

薄毛解消には血行を良くすることが大切

女性の薄毛解消はすなわち抜け毛を解消することで、
そのためには身体全体の血行を良くすることが大切です。
身体の血行を良くするということは頭皮の血行も良くすることです。

 

髪の毛に必要な栄養素は血行で供給される

髪の毛に良いからとバランスのとれた栄養素を摂取しても、
その栄養素が髪の毛が生えている頭皮に届かなければなりません。
そこで血行を良くすることが必要になり、血行が良くなれば栄養素が髪の毛まで届き、
髪の毛は成長します。

 

頭皮マッサージで血行を良くする

頭皮の血行を良くするには頭皮をマッサージが効果的です。
なお、頭皮のマッサージは頭皮を痛めないためにシャンプーの前、
あるいは髪の毛が乾いている状態で指の腹でおこなうことが肝要です。
洗髪をしながらのマッサージではないことに留意しましょう。

 

育毛剤には頭皮の血行促進効果がある

市販されている育毛剤の多くは頭皮の血行促進を目的としていますから、
数ある商品の中から体質にあったものを半年ほど使用してみましょう。
ちなみに育毛剤は肩こりや首の凝りをほぐすことも効果があり、
肩や首の凝りをほぐすと頭皮への血流が良くなります。

 

十分な睡眠と良い生活リズムにする

十分な睡眠をとることと、規則正しい生活リズムも血行促進には効果的です。
リラックスタイムには頭皮や心身の緊張が解きほぐされて血行がよくなります。

 

まとめ

薄毛解消には、体質に合った育毛剤を一定期間使うこと、
適切な頭皮マッサージをおこなうこと、ストレスの少ない生活を心がけることです。
市販されている育毛剤の多くは血管を拡張して血行を促進する効果がありますが、
体質により合わないかもしれませんから、最低で3ヶ月続けてみて、
自分に合うかどうかを判断しましょう。

 

また、頭皮マッサージは指の腹で軽くもむ程度にしましょう。
力を入れ過ぎると頭皮を傷つけるリスクがあります。
さらに睡眠不足は自律神経のバランスを崩すことで、血行を悪くしますし、
ストレスは毛細血管を収縮させて血行を悪くしますから、
つむじの薄い女性はストレスを溜めないようにしましょう。

 

更新履歴